裁断機の桜機械工業 水平裁断機

サイトマップへ

スライサー(水平裁断機) SK-18M

SK-18M

水平裁断機 SK-18M
裁断機特徴

軟質~半硬質材料のスライスが高精度にて行えます
ロール送り式(スキ割機)に比べ機械調整が比較的楽な為、オペレーターに負担をかけず、メンテナンスが楽です。
テーブル面にはブロワー吸着を備え、強力な材料固定が得られます。また、集塵装置標準装備。 刃物の仕様変更(鋸 ナイフ)または、後部自動積載装置等の組み合わせにより完全自動機として各スライスの量産が可能です。

裁断機仕様
有効加工幅 1220mm 有効加工高さ 700mm
有効テーブルストローク 2500mm ナイフ研磨装置 1台
使用電動機 3.7Kw X 1, 1.5Kw X 2, 0.4Kw X 1